専門学校で学べる事

動物仕事で動物とかかわることが出来る資格を取るには、どうしたら良いのでしょうか。動物を専門に見る獣医師は大学を卒業し国家資格を取得する必要があります。しかし、獣医師まで行かずとも動物とかかわることが出来る資格を取りたいと考えたり、動物園や水族館で働きたいと考えた場合は専門学校資格を取得することで、その仕事に向けたスタートラインに立つことも可能となります。

では、どの専門学校に行っても同じような資格を取得できるのかといえば、実はそうではありません。ブリーダーやトリマーなどの資格は比較的専門学校に左右されることのない仕事ですが、専門学校ごとに学べる事が異なります。ある専門学校では獣医・畜産学をメインとし動物看護士を取得しながらも美容実習があったり、ビジネス系の講座があったりと様々です。そのため、専門学校を選ぶときには自分が何になりたいのかをはっきりとしたビジョンとしてとらえておく必要があります。水族館のスタッフとして活躍を考えているのに、その学校から目指せる職場にはそれが無かったら、それは大ごとです。

また、近年猫人気の高まりもあり、ペットといえば犬だったという時代でもなくなってきています。猫や爬虫類など様々な実習用の動物を用意している専門学校もあり様々な動物がいるシーンで活躍が期待される人材の育成を、専門学校では行っています。そのため、その技術や座学をマスターするために必要な年数は専門学校のコースによって異なることもあります。

このようにペットコースでありながら動物にかかわるプロフェッショナルを専門学校では育成しています。こちらではそのような専門学校について述べて行きます。動物にかかわる仕事をしたいとお考えの方のお役に立てたら幸いです。